京都 北野下の森 会席、お寿司 糸源 – 味な店 居酒屋 ぎんなん

糸源は 昭和の終戦後 食糧難の時代に庶民の食堂「うどんと寿司の店」として始まり。
創業60年余り 曽祖父の代から直系三代に渡り形を変えながらも伝統の味を守り続け
おかげさまで皆様にご評判頂いております。

当店周辺は当時より 「庶民の台所 北野下の森商店街」としてにぎわっておりました。
お買物帰りのお客様が一服される場として愛され そして今のように車も多くなかったので
各ご家庭に私共の味をお届けする仕出しの店としてもご利用頂き
仕出しは今もなお 一人前・二人前から お届けさせて頂いております。

当店周辺には数々のお寺が立ち並んでいることから「法事」にお使い頂く事が多く
二階に大小の座敷 三階には六十畳の大広間をご用意し お客様をお迎えしております。
また 法事に関わらず「ご宴会・お祝い事」など用途に応じてご利用頂けます。
そして店の敷地内には「乳銀杏の木」が今でも生きずいており
樹齢四百年以上と聞いております(ぎんなん店内よりご覧頂けます)
糸源創業以来 私共を守り続け 当店の”象徴”として様々な逸話を残してくれております。

料理・お寿司・鍋物… と料理の世界には様々な形がございます。
格式にこだわらず 皆々様に日々の「食」を色々な形で楽しんで頂く事ができれば
という願いのもと 壁にぶつかる日もございましたが。
日々探求を重ねながらご提案させていただける事を心より嬉しく
そして私共の仕事にやりがいを与えて頂いていることに感謝しております。
まだまだ 至らない処も多分にございますが
お客様のお叱り・お褒めの言葉を身に染みさせながら
これからの糸源の成長の糧にしてゆきたく思っております。

なにより お客様にご来店して頂いてこその糸源
その感謝の心を忘れる事無く 皆様のご期待に沿えるよう
努力してゆく所存でごさいます。

これからも変わらぬご支援 ご愛顧の程 何卒よろしくお願い申し上げます。

店主 謹白

西陣 下の森 糸源

 

糸源 ぎんなんからのお知らせ

糸源 ぎんなん 年末年始の営業のご案内

2017の年末年始の営業のお知らせです。
=糸源=
年内 12月29日まで通常営業
   30日はお持ち帰りお寿司のみ
   31日はおせち料理(要予約)のお渡し とお持ち帰りお寿司のみ
新年 1月2日より通常営業

=ぎんなん=
12月29日まで通常営業
年始は1月4日より営業開始
=糸源・ぎんなん=
1月16(火)17(水)18(木)冬期休業させて頂きます

の予定となっております。
どうぞ宜しくお願い致します。

求人のご案内

糸源では 業務の拡充に伴い求人を行っております。
以下のリンクより求人内容を参照頂き ご応募お待ちしております。
糸源求人票

ウェブサイトをリニューアル致しました

この度ウェブサイトをリニューアル致しました。
変わらずお引き立ての程どうぞよろしくお願い致します。
“糸源 ぎんなんからのお知らせ” の続きを読む

おしながき

四季折々 旬の食材を使用し
お寿司 一品などご予算と人数にあわせて
様々なお料理をご用意しております。

“おしながき” の続きを読む

糸源昔話 当店内の”銀杏の大木”にまつわるお話

昔々 当店のあるあたりは ある大きなお寺の跡地でした。
その裏庭には、ひときわ目を引く大きな一本の大銀杏(乳銀杏)の木がそびえ立っていました。
とても古い大木にもかかわらず 毎年毎年 美しい銀杏を実らせ
それはまるで 翌年の「吉兆」を占っているかの様です。
そして 緑鮮やかな葉が生い茂る頃は その形が小娘の様に見えたり
かま首をもたげた大蛇の様にも見えたり… その年毎に表情を変え 実に神秘的です。
そんな 当店の銀杏にまつわるお話です。
“糸源昔話 当店内の”銀杏の大木”にまつわるお話” の続きを読む

当店の地図

糸源 ぎんなん 周辺地図

糸源は中立売通りに面しており
ぎんなんは 糸源東側の路地を北に入った奥にございます。

最寄りの交通機関:

嵐電 北野白梅町駅までは徒歩10分
JR二条駅 阪急大宮駅よりは 市バス 千本中立売停 徒歩5分
JR円町駅 阪急西院駅よりは 市バス 北野白梅町停 徒歩10分
となります。

周辺のロケーション:

京都西陣 学業の神様 菅原道真にゆかりのある北野天満宮にほど近く
また 北の花街上七軒へは 当店より北へ徒歩5分程でございます。
その他千本釈迦堂や釘抜き地蔵 西陣織成館などもほど近い場所にございます。
市内繁華街からタクシーで15分程 金閣寺や竜安寺等への経由箇所ともなりますので
春の梅 秋の紅葉に西陣界隈でありながら 風光明媚で趣き深い観光地が周りにございます。
ご訪問の際には是非当店をお引き立て下さい。


“当店の地図” の続きを読む